新津の歴史 どっと混む 本文へジャンプ
太古の昔
太古の昔、この辺一帯は海だったのだとか。
それが弥彦と新津丘陵が同時代、マグマの変動で隆起し、越後沖積平野二万年の歴史が始まったのである。
越後平野は,最終氷期終了後の海面上昇(縄文海進)によって形成されたおぼれ谷(入り江)が埋め立てられてできた沖積海岸平野で、平野の形成にあたり,入り江の前面に発達したバリアー(砂洲・砂堆)が重要な役割を果たしたとされる。
海水準がほぼ現在の位置に落ち着くと,このバリアーを母体として砂洲・砂丘が海側に向かって発達し,砂丘列がつぎつぎに形成され,最終的には10列にもなった。約6,000年前のことである。

越後平野の成り立ち
約6 000年前ころに海水準が安定すると,潟湖の埋積が急速に進行し,約5 000年前ころには内陸部はほぼ堆積物によって埋め尽くされ,泥炭が堆積するような湿原環境に変わった。この時期,阿賀野川は砂丘を破って日本海に直接注ぎ,デルタを拡げていたと見られる。

約3 000年前になると現在の鳥屋野潟(とやのがた)付近まで海岸線が前進して砂丘地が広がり,砂丘間低地の一部は潟となった(鳥屋野潟の成立)。
また,沈降により内陸側の古い砂丘ほど沈む傾向が鮮明になってきた。
平野北東部の水域は縮小し,紫雲寺(塩津)潟はほぼ消滅した。
加治川は砂丘に行く手を阻まれ,砂丘の内側の縁に沿って南流し,阿賀野川と合流していた。

約2 000年前になると海岸線はさらに沖合いに移動し,現在の海岸線に近くなった。この時期は弥生の小海退期にあたり,内陸部では泥炭地が大きく拡大した。一方,信濃川は,依然として新川付近で日本海に注いでいた。


古墳時代以降,新砂丘Vが新砂丘Uをおおって大きく成長した。このため阿賀野川の流路がふさがれ,堤間凹地(現在の通船川)に沿って西流し,信濃川に合流するようになった。阿賀野川の排水が不良となったため,下流域では湛水域が拡大した。このころの大きな変化は,長い間新川河口付近にあった信濃川の河口が,北東方向へ移動し,現在の位置に落ち着いたことである。

飛鳥時代の新津周辺

飛鳥時代は古墳時代の終期と重なり、6世紀の終わり頃から8世紀初頭にかけて大和朝廷が飛鳥に宮を置いた約100年間である。

「日本書記」に、647年に現在の新潟県新潟市中央区沼垂町の付近に、渟足柵(ぬたりのき、ぬたりのさく、沼垂城とも記述した)置かれたとの記録がある。廃絶の時期は不明だが8世紀初めまでは存在した。史上最初の城柵と目される。
なお、渟足柵・沼垂城共に遺構は発見されていない。当時は信濃川と阿賀野川の河口の沼地だった上、度重なる洪水により流されたものと思われる。
渟足柵はヤマト政権による北方支配の拠点として設けられた城で、松ヶ崎(現松浜)にすむ蝦夷(アイヌ)の進入を防ぐものとされている。
とはいえ、その後も和人とアイヌ人は、一定のテリトリーを保ちながら、混在した形跡がある。
たとえば、江南区和田の「ワダ」とは、川が大きく曲がったところというアイヌ語である。現在約50戸ある所帯の内、約半数は、庚(カノエ)と呼ばれる別集落であり、江戸時代には、和田が新発田藩の所領とされ年貢を新発田按に納めていたが、庚集落は、曽根の代官所、すなわち徳川幕府に直接年貢を納めていたとの記録がある。

奈良時代の新津周辺


新津丘陵では、鉄・須恵器が生産され、北区海岸の砂丘では塩が生産された。また、西区的場ではサケが漁獲・加工され、10世紀までに越後国が税として都(朝廷)に献納する産品になる。

平安時代の新潟の地図

寛治三年の新潟平野地図
今から約900年前、平安時代の地図である。新潟平野はすべてまだ海で、 新津や古津(津は港の意)は河口として記録されている。角田山や弥彦山のある半島の先端 に「新潟・五十嵐・赤塚」の文字が読める。

鎌倉時代の新津周辺


平安時代からの荘園や国衙領「保」には、地頭として関東御家人が任命されて移住してきた。新潟市域周辺では、上野国佐々木盛綱の庶子が加地庄を分与された。伊豆国大見郷から大見氏が北条氏との対立を避けて白河庄へ移住し、安田条と水原条を相伝して、大見安田氏、大見水原氏、大見山浦氏(笹神)となった。相模国三浦郡和田の和田氏は、時茂だけが生き残って奥山荘の地頭請となり、1277年(建治3年)所領を3人の孫に分割讓与、中条氏、関沢氏、黒川氏を称した。

室町時代の新津周辺


寒冷化し、村上から角田山麓までの約80kmにわたる現在の新潟砂丘が出来る

南北朝が統一されると足利政権は天皇に迫る権力を確立するが、恐怖政治への反発、民衆の一揆、南朝の再興運動などが相まって政権は軟弱化する。将軍の後継争いから大規模な軍事衝突に発展し(応仁の乱)、幕府の政治的・経済的基盤は崩壊する。守護の統治権も失墜し、配下の守護代や国人(こくじん)による下克上が発生し、戦国時代となる。

1335年〜1341年、蒲原津をめぐり、南北朝が戦う。
1336(建武3年)金津保が「羽黒義成軍忠状」に記される。

1564年(永禄7年)はじめて「新潟」という地名が京都醍醐寺の僧の旅日誌に記される。小田信長が足利義昭を京都から追放する9年前の出来事である。
安土桃山時代の新津周辺

1580年(天正8年) 新発田重家が新潟津を横領。新発田重家と上杉景勝の抗争が始まる。
1586年(天正14年) 上杉景勝が新潟・沼垂町を制圧。翌年に新発田重家を滅ぼし越後を統一。

江戸時代の新津周辺
1598年(慶長3年) 上杉景勝が会津に移り、新潟市域の中ノ口川以西の大半が堀秀治(春日山藩)領、 以東の大半が溝口秀勝(新発田藩)領になる。沼垂町は新発田藩の外港となる。
1610年(慶長15年) 新潟市域の堀領が松平忠輝領になる。
沢海藩(新発田藩の支藩)ができる(1687年廃藩)。
1616年(元和2年) 松平領(旧堀秀治領)が細分され、市域の松平領の多くが堀直竒(長岡藩)領になる。 新潟町は長岡藩の外港となる。
1617年(元和3年) 堀直竒が新潟町へ新町・材木町・洲崎町の町建てを命じる。
真柄仁兵衛が柄目木(新津油田)の草水油の採掘権を新発田藩から得る。
1618年(元和4年) 新潟市域の堀直竒領が牧野忠成(長岡藩)領になる。 平野部の新田開発が飛躍的に進み、多くの新田村が成立。
1631年(寛永8年) 加茂屋堀が決壊、阿賀野川が信濃川に合流。
1649年(慶安2年) 笹川家が村上藩味方組の大庄屋に任命される。
1653年(承応2年) 長岡藩が曽根に代官を置く。
1655年(明暦元年) 新潟町が浜手から信濃川の中洲である寄居・白山島(現在地)に移転。
新津で町割りが行われ、六斎市が始まる。
1671年(寛文11年) 新潟港が西回り航路の寄港地に指定される。
1680年(延宝8年) 新潟町が沼垂町の造った堀の埋め立てを求め、翌年、幕府は新潟町の訴えを認める。
1684年(貞享元年) 沼垂町が長嶺地内(現在地)に移転。
1689年(元禄2年) 白根の六斎市が始まる。
1694年(元禄10年) 亀田の町割りが行われ、六斎市が始まる。
1704年(宝永元年) 小須戸の六斎市が始まる。
1727年(享保12年) 幕府が沼垂町への回船の寄港を禁じ、新潟町が港の利権を独占する。
1730年(享保15年) 松ヶ崎堀割が造られる。翌年に決壊、阿賀野川本流になる。
1751年(宝暦元年) 新潟町の砂防工事、砂防植林が始まる。
葛塚・酒屋・大野・新飯田・曽根・漆山・巻の六斎市が始まる。
1764年(明和元年) 新潟町で長岡藩の御用金賦課に対する一揆が起こり、 涌井藤四郎ら町人が2か月間にわたって町政を掌握(明和騒動)。
1820年(文政3年) 三潟(田潟・大潟・鎧潟)から水を抜く内野新川が完成。
1843年(天保14年) 新潟町が長岡藩領から幕府領となり、川村修就が初代新潟奉行として赴任。
1858年(安政5年) アメリカなど五か国との修好通商条約で、新潟が開港場の一つに挙げられる。
1863年(文久3年) 三根山藩(長岡藩の支藩、後の峯岡藩)が開藩。
1868年(慶応4年) 5月4日、奥羽越列藩同盟に長岡藩が加入。
5月6日、次いで新発田藩、村上藩、村松藩、三根山藩、黒川藩が加入。
7月29日、新政府軍が長岡城を占領。
新政府軍が新潟町を制圧、新潟民政局を置く。 8月には越後の全域が新政府軍の支配下に入る(北越戦争)。


明治時代の新津周辺
1868年(慶応4年) 9月8日、明治改元。新政府が新潟を開港する。
1869年(明治2年) 新潟運上所(後の新潟税関)が開設される。
亀田郷の農民が関屋に結集、分水路を開削しようとする。
1870年(明治3年) 政府が水原県を廃して新潟県を設置。新潟町に県庁を置く。
三根山藩が長岡藩に救援米百俵を贈る。
1871年(明治4年) 新発田県・峰岡県(旧三根山藩)が置かれ、府県統合により新潟県に統合。
1879年(明治12年) 郡区町村編制法が実施され、新潟区に新潟区役所、 新津村に中蒲原郡役所、巻村に西蒲原郡役所が置かれる。
1889年(明治22年) 市制・町村制が施行。新潟区と関屋村が合併し、新潟市となる。 現市域に5町(沼垂・新津・白根・亀田・小須戸)、118村ができる。
1901年(明治34年) 新潟県主導の市町村合併で、現市域が1市、6町(葛塚ほか)、61村となる。

大正時代の新津周辺


昭和時代の新津周辺